gomagoma のすべての投稿

2022.10.01(土) OSCオンライン広島

概要

10月1日(土)にOSCオンライン広島に参加しました。
OSC(Open Source Conference)とは、オープンソースに関わる企業、コミュニティ
団体などが、来場者に向けてセミナー開催やブース展示を行うイベントです。
近年はCOVID19の影響もあり、オンラインを主軸に開催されています。
今年もSLPは出展団体として参加し、学生ディスカッションやLTをお届けしました。

SLPの企画紹介

サークルの活動内容や技術書典の紹介をしたり、
メンバーそれぞれがSLPに関するライトニングトークを行いました。
また、ディスカッション後半ではSLPメンバーにアンケートを行い、
その結果をメンバーのコメントを交えつつ紹介しました。

感想

自分達だけで企画から本番のプレゼンまで一貫してやり遂げることができ、喜ばしい限りです。
まだまだプレゼンの仕方や内容は未熟ですが、全体として成長していければと思います。
また、普段聞けないような企業や他の団体のお話を聞くことができ、新しい考え方や知識を学ぶことができました。

2022.09.29(木) 技術講演会(NVIDIA)

概要

9月29日(木)に、NVIDIA社の鈴木 博文氏、廣岡 信行 氏による技術講演会が行われました。
「AI技術の最先端」をテーマに、AIの歴史や現在の最新技術を紹介していただきました。
また、NVIDIA社のAIコンピューティングに対する取り組みや、実際に動かせるデモも体験し、
AI学習に対する理解を深めることができました。

感想

機械学習を行う上で必要なコンピュータリソースは年々指数関数的に上昇しており、
NVIDIAはそれを支えるソリューションを積極的に提供していることがわかりました。
また、ハードウェアだけでなくソフトウェアにも力を入れており、
Pythonを使ったテンプレートやライブラリも多数提供されているため、
学生が学ぶことのできる環境もしっかりと用意されています。
SLPとして、機械学習を学ぶきっかけになったと思います。

2022.09.10(土)-2022.09.25(日) 技術書典13

概要

9月10日(土)-9月25日(日)に開催された技術書典13に出展者として参加しました!
今回初の参加で、記念すべき第一冊目「Technologics Vol.1」を販売しています。
期間外でもいつでも購入していただけますので、興味のあるかたは是非!

技術書典って?

技術書典とは技術書のイベントで、広く技術のことについて知れるお祭りです。
技術書を中心として出展者はノウハウを詰め込み、来場者はこの場にしかないおもしろい技術書をさがし求める、技術に関わる人のための場として開催されています。
2016年から年2回ほどのペースで開催されており、今回はオンラインとオフラインで同時開催されました。

Technologics

SLPのメンバーや顧問、ゲストも含めた総勢17名でお送りする技術書です。
それぞれが興味のある技術や紹介したいアプリなどを記事を書き、それを1冊にまとめ上げました。
様々な分野の知識をギュッと詰め込んだ本書は、あなたの知識欲を刺激すること間違いなし!

ご購入はこちら

香川大学SLP | Technologics Vol.1

2022.07.08(金) プログラミングコンテスト ICPC

大会概要

ICPC とは、ICPC Foudatnion ( 2018 年まではACM (Association for Computing Machinery) という計算機学会)が主催する、International Collegiate Programming Contest (国際大学対抗プログラミングコンテスト) という名前のプログラミングコンテストです。同じ大学で3人一組のチームを作り、チームでプログラミングと問題解決の能力を競う大会です。全世界で毎年3万人以上が参加する大会に成長しています。

参加報告

7月8日金曜日、16:30からICPCの国内予選に参加しました。
コンテストは19:30までの3時間にわたって実施され、全体では298チームが参加、香川大学からは1チーム3人の7チームが参加しました。

結果

参加した7チームの結果は、以下のようになりました。

TEAM NAME SOLVED TIME RANK
KBIT_A_ANAP 2 10396 171
KBIT_B_peperoncino 0 - -
KBIT_C_crescent 2 12023 180
KBIT_D_cashew_nuts 2 1237 223
KBIT_E_Nymphia 1 814 207
KBIT_F_cocco 2 8848 161
KBIT_G_Uyunienko 1 3465 251

感想

私はチームC「crescent」として参加しました。
学部3年2人と2年1人のチームです。

今回は3回目の参加ということもあり、3問解くことを目標としていましたが、達成できず残念です。
(解法とプログラムはほとんどできてたんですけどねーと言い訳してみる。)
競技プログラミングに対する自分の力不足を感じました。

とはいえ、チームメンバーと協力してB問題まで解くとこはできましたし、何よりC問題の解法はチームメンバーがいたからこそたどり着くことができたと思っています!
来年こそはC問題、さらにはその先の問題も解けるように頑張ります!

競技中の様子