2019.07.12(金) プログラミングコンテスト ACM ICPC

大会概要

ACM-ICPCとはACM(Association for Computing Machinery)が主催する、
International Collegiate Programming Contest(国際大学対抗プログラミングコンテスト)
という名前のプログラミングコンテストです。

参加報告

7月12日金曜日、16:30からACM-ICPCの国内予選に参加しました。
コンテストは19:30まで3時間にわたって実施されました。

全体では495チームが参加しました。
その中でも、香川大学からは1チーム3人で、7チームが参加しました。
参加した各チームの結果は、以下のようになりました。

TEAM NAME SOLVED TIME RANK
KbitA_YUI 2 9571 340
KbitB_MEGUMI 2 8453 324
KbitC_Holiday 2 11793 360
KbitD_Dragon 2 12244 364
KbitE_JERRY 2 15687 386
KbitF_relax 2 11797 361
KbitG_BLINE 2 5803 277

感想

初参加 B1

問題を全く理解出来なかった。
なので、先輩方の問題を解く姿を見ていた。
来年自分が同じことをやると思うと不安になった。
なので、Tプロをしっかり進めようと思った。

初参加 B2

チームではC言語を使用して大会に参加した。
A問題に関しては、コードが完成し、サンプルではうまく出力できたが、
提出すると誤答になってしまった。やり方を変えて再提出するとうまくいった。
B問題に関しては、キーボードの位置の差分を加算していくことで実装できた。
つまづくことが少なかったため、割とスムーズに解くことができた。
最後にC問題に取り組んでいたが、法則を見いだせずうまくいかなかった。
デバッグ作業がうまくできていなかったため、最後はどうしようもなくなった。
C問題を解いている間、チームメンバーはD問題に取り組んでいた。

このような問題を考えるのは初めてで、戸惑うことが多かった。
今後は、もっと難しい問題も考えられるようになりたい。
良い経験ができたと思う。