2018.07.06(金)プログラミングコンテスト ACM ICPC

大会概要

ACM-ICPCとはACM(Association for Computing Machinery)が主催する、
International Collegiate Programming Contest(国際大学対抗プログラミングコンテスト)
という名前のプログラミングコンテストです。

参加報告

7月6日金曜日、16:30からACM-ICPCの国内予選に参加しました。
コンテストは19:30まで3時間にわたって実施されました。

全体では433チームが参加しました。
その中でも、香川大学からは1チーム3人で、12チームが参加しました。
参加した各チームの結果は、以下のようになりました。

TEAM NAME SOLVED TIME RANK
KbitA_PAR 1 774 258
KbitB_AhtmI 1 488 232
KbitC_Robotchuki 2 9167 166
KbitD_MochiCom 3 13924 95
KbitE_Nemutai 2 10891 192
KbitF_welcomeSAKE 1 2548 331
KbitG_Xkagawa 0 0
KbitH_Gamers 1 4402 350
KbitI_UMA 1 1482 307
KbitJ_Yoshiko 2 9878 175
KbitK_GabGalGen 1 514 234
KbitL_SIS 2 9707 172

team KbitB_AhtmI

学部2年生の3人のチームで参加しました。

全員が共通してわかる言語が、Cであったため、それでコーディングを行いました。

結果は、問題Aを学内最速で解答し、
問題Bと問題Cに取り掛かっている途中で時間切れとなってしまいました。
問題Bはあと少しで、完成しそうになっていましたが、
修正箇所を見落としていたせいで、正答にたどり着けませんでした。
コーディングを担当したものとして悔しく思います。
今回の参加で、ICPCがどういうものかわかったので、次回は今回の結果を上回れるよう努力したいです。