2012.05.19(土) SECCON CTF つくば大会

概要

情報セキュリティ技術を競うコンテストとして、SECCON CTF つくば大会が開催された。
SECCON実行委員会が主催しており、日本のセキュリティ技術の底上げを目的としている。
SECCON CTFは、チーム対抗で得点を競う競技であった。私のチームは2人構成で、チーム名は “Aquarium” として参加した。

○ 日時 : 2012.05.19(土) – 2012.05.20(日)
○ 場所 : 筑波大学
○ 主催 : SECCON実行委員会
○ 参加者数 : CTFは13チーム53人、ハッカソンは5人

参加目的

SECCON CTF に参加した目的は、2つある。1つは、自身のスキルアップである。
CTFは、参加するたびに、何らかの新しい技術的な発見がある。
もう1つの目的は、交流を広げることである。会場では、多くの参加者と
交流することができると考えていたからである。

感想

筆者のチームは、2000点で6位だった。初日は、サブマリン戦法を用いて1位をとった。
サブマリン戦法は、最後まで得点を入れずに得点を温存し、
終わり間際に得点を一気に入れるやり方である。大いに目立つことができ、嬉しかった。
最終的には6位だった。LinuxやKernelの勉強がもっと必要であると感じた。

別チームの参加者から、ぜひチームに入らないかというお誘いを受けたりもした。
また、主催側の方と、CTFの今後の在り方に関するお話を伺うことができた。
研究テーマとして、CTFを題材とした教育支援を考えていたため、非常に参考になった。
ここでの話は、研究に大きく生かされそうである。